« 殺人事件の低年齢化についての考察 | トップページ | 久しぶりのピンキーやっち~ »

2006年9月 3日 (日)

ポケモンについて物申す

ポケモンに出会ったのは、10代の頃。
ブルーが最初だったと思う。
あの頃は、ただ「対象年齢低いのに面白い」
としか思わなかったわね。
でも最近、些細な事でもいろいろ考えるようになって、
あのゲームに疑問を持っています。
アニメは別ね。

野生で生きているポケモンを捕獲し、
モンスターボールで洗脳、拘束する。
ポケモン達を戦わせて、
自分は傷つかないで指示だけしている。
使わないポケモンは道具の様に交換したり預ける。
ポケモンを戦わせる理由は自分の理想をかなえる為だけ。

キツイ言葉で書きましたが、内容はあってますよね?
これだけ見ると非道な行いじゃない?

低年齢向けのゲーム程、人間としての大事な部分が
薄くなっている気がするのよ。
仲間とか友達って言葉でいろいろな事をごまかしてると思う。
仲間ってそんな軽いものじゃないし、
友達って自分の為に働く駒じゃない。
自分が傷つかない挑戦って、おかしいんじゃない?
友達を傷つけてまで、自分の理想をかなえるのは傲慢よ!
低年齢向けだからこそ、
もっと「心」に響く物を作るべき。

ゲームは楽しみ・企業利益に特化するものじゃないよ。
本と同じ。心の栄養にならなきゃ。
特に、幼い頃は心の栄養は大事!!

心に栄養を蓄えている人って、
お金を持っている人よりも、力を持っている人よりも
素敵なんだから!!

|

« 殺人事件の低年齢化についての考察 | トップページ | 久しぶりのピンキーやっち~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/11747110

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモンについて物申す:

« 殺人事件の低年齢化についての考察 | トップページ | 久しぶりのピンキーやっち~ »