« やっと八千穂さんらしくなる | トップページ | 背景 »

2006年11月 5日 (日)

中間試験よりも製作

自作棒やすりをつくり、スカートの裏のひだを整形。
靴の細部掘り込みをしていると、
盛り足りないところが気になった。
あとでまとめて盛る為に、目や口を掘る方に移行。
パテを盛る時に、部品の整合性の調整も必要と感じ、
次のパテ盛りで挑戦!
失敗。また盛る。
失敗。
離型処理でやってしまうと、硬化後のパテが収縮する為、
綺麗にはまらくなるらしい。
なので、削り出しで接合部を作る。
複製して、これから作るピンキーの基礎にするので、
この辺りはきっちりやっておきたい。

木曜日から中間試験なんだけれど、
平日にちゃっと勉強すればいいくらいの範囲なので、
休日は長時間作業の趣味をやってしまったのです。
Dscf0164_1
Dscf0166 Dscf0167

|

« やっと八千穂さんらしくなる | トップページ | 背景 »

フィギュア」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/12569711

この記事へのトラックバック一覧です: 中間試験よりも製作:

« やっと八千穂さんらしくなる | トップページ | 背景 »