« MoriyamaEinosuke | トップページ | ウラちゃんの試練達成 »

2006年12月 5日 (火)

エポキシパテで男フィギュア(2)

第二回。
今回は骨組みと肉付け。
アルミ針金で先週作った芯を繋げて、針金人間を作る。
パテ側にピンバイスで穴を開けて、針金を挿しこみ、
ゆるかったら瞬間接着剤を少し流し込む。
Dscf0205

こんな感じになる。
重要な事は原寸図に合わせて、それぞれの長さを決めること。
関節になる部分には印を付けて置くと、
次の作業がやり易い。

針金にエポキシパテを薄く巻いて、
筋肉の芯を作る。
この時、関節は盛らない事。
そして、腕が大きく上がる場合などは、
肩も盛らないようにする。
エポパテは2材を同量切り分けて、
手に少し水を付けて練る。
盛る時も、長い時間触っていると、
針金から離れやすくなるので、
包むくらいで我慢。
Dscf0206

こうなる。
原寸図より太くならないように気をつけよう。

|

« MoriyamaEinosuke | トップページ | ウラちゃんの試練達成 »

フィギュア」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/12940434

この記事へのトラックバック一覧です: エポキシパテで男フィギュア(2):

« MoriyamaEinosuke | トップページ | ウラちゃんの試練達成 »