« 僧から天狗へ | トップページ | 今日のクレしんのラストで »

2007年1月18日 (木)

エポキシパテで男フィギュア(6)

今回は顔の成形と分割、そして服。

前回までの顔は完成度50%位。
そこからデザインナイフでコリコリ削って、90%まで仕上げ、
180番位の紙やすりで角を落としていきます。
前回からふた周りは小さくなったかも。
首と頭をつなげる穴は場所がおかしくなっていると思うので、
もう一度ちょうど良い所に開けなおしましょう。
髪を書いてみると蓬莱寺京梧の雰囲気でるよね?↓
Dscf0264 二重になっちゃった口は後から埋めます;;
耳も付けたいな・・・

分割の意味は、手の入らないところを作る為と
複製をする為。
ここは手の入らないところ↓
Dscf0257 Dscf0259
複製をしなくて、
手が入らない所がないなら、分割をしなくていいの。

やり方は、服の縫い目などの目立たないところに
ペンでガイド線を引き、鋸でガリガリすればよいのです。
全部切ってしまう必要はなく、ぐるっと一周50%くらい切って、
ぼきりと折ってしまいましょう!
切り口は後で直せます。
そして、頭と同じように針金を打ち直し。
Dscf0265

で、服をもりもり。
服の重要な部分はしわの付け方。
これ一つで、出来が随分変わるのです。

ちなみに、まだ分割までしか終わってないので、
写真はそこまで。
次回の説明は髪の毛と手首です。

|

« 僧から天狗へ | トップページ | 今日のクレしんのラストで »

フィギュア」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

アツイ男キャラフィギュア! いいですね!
ヤロウはエロ心でつくれないので真に造形力が問われるテーマのような気がします。もっぱら購入対象が女子ばかりの秋沢には高尚なご趣味なのかも。。。
アイシールド好きだったり誕生日同じだったり(!)で勝手に親近感沸かせていますスミマセン。
模型塾は前から知っていたんですが、どのような感じで進めているのかも参考になります。
作品の完成楽しみにしております。頑張ってください!

投稿: 秋沢 天馬 | 2007年1月19日 (金) 01時19分

応援ありがとうございます。
女の子も作るんですが、
やっぱり一部でのみ人気が高い「男」を作る方が
楽しいですね。特に筋肉(笑)
秋沢さんのブログを拝見いたしました。
ああいうイラストダイスキです。

頑張って、完成を目指します。

投稿: オーミヤジンベー | 2007年1月19日 (金) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/13562719

この記事へのトラックバック一覧です: エポキシパテで男フィギュア(6):

« 僧から天狗へ | トップページ | 今日のクレしんのラストで »