« レジンキット組立・最終回 | トップページ | 信on金策・薬師実践編 »

2007年8月10日 (金)

個人情報?保護法

内閣府が間違った認識の「個人情報保護法」
理解を深めようと言うことで、
サイトに質問ページを設けたと言う話。

個人情報保護法は"5000件以上"の"データ化"された
企業の情報の流出規制を目的としていて、
なんでもかんでもその名の元に外に出すの禁止じゃないよ。
って事だそうです。

例に挙げられている事例の文句を言ったほうは、
阿呆そのもの・・・

そもそも、誤解の原因は名前じゃないの?
「大規模個人データ管理法」とか、
そのものズバリ名前で判別付けられる様にしたら
よかったんじゃないのかな。
「テロ対策特別措置法」じゃなく
「対中東アメリカ軍補給支援法」とか。
「次世代育成支援対策推進法」じゃなく
「育児社会化推進法」とか。

ネーミングで損するのは、
つけた側よりも読む側なんよ。
「お偉いさんは、それが分かっていないのだよ・・・」

|

« レジンキット組立・最終回 | トップページ | 信on金策・薬師実践編 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レジンキット組立・最終回 | トップページ | 信on金策・薬師実践編 »