« 一つ目標を達成すると、次の目標が表面化する。 | トップページ | 本体には皮膚部分を付け、弓も作る。 »

2007年10月18日 (木)

素材を変えて、零から小蒔製作

ポリパテの缶の表示が気になって、
詳細を調べてみたら、結構危ない内容だった。

今の環境で使い続けるとチョイト身体にあぶねえと思い、
ファンド(石粉粘土)に変えて、全面改修と相成った。

同じ機会に購入した美術解剖図を見ながら、
筋肉から写実的に作ってみる。
写実的と簡略的、どっちに比重を置くかが問題だが、
魔人キャラなら写実に重きを置く方がいい出来になりそう。

石粉粘土は乾燥時間を十二分に取る事と、
付け足して太し、形作る事を保てれば
扱いにくい素材ではないわね。
すばやく完成させるのには向かない素材。

筋肉と骨格は、構造をちょっと理解し真似するだけで
造形物の品質がグンと上がった様に思える、
正に人体の本質だと思った。

Dscf0265 Dscf0269

|

« 一つ目標を達成すると、次の目標が表面化する。 | トップページ | 本体には皮膚部分を付け、弓も作る。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一つ目標を達成すると、次の目標が表面化する。 | トップページ | 本体には皮膚部分を付け、弓も作る。 »