« 本体には皮膚部分を付け、弓も作る。 | トップページ | 仮想戦国時代よ!私は帰ってきた! »

2007年10月22日 (月)

模型を作るには本物を知らなければ。

弓模型に執心中。
細いファンドの棒に表れた
粘りの薄い耐久性をカバーする為に
エポパテを上乗せした。

全体の形は都城大弓のサイトなどで入手出来た。
だが、太さや握りがどうなっているのか知りたくなった。

必死にネットで検索し、
弓の断面図は角の丸い台形である事、
上下の端(関板)には弦を結びやすい加工があり、
握り部分は手に丁度いい太さ・形に
別素材を組み合わせて加工してある事が掲載されていた。
私の手の大きさだと、
4cm×3cm位の台形+握りが丁度良さそう。
八分の一にして5mm×3.7mm。
女性の手で持つから、少し細いはず。

さて、その太さをエポ巻きファンドで作っても、
型を取る時に壊れないくらいの強度になるか・・・
やってみなければ分かるまい!

細かい所にこだわり出すと止まらないのが模型道。

/////////////////////////////////////////
結果、上記のサイズまで削ったら
エポパテを90%切り落とす事になった。
勿論、耐久性の変化などなく、
削る途中にもひびが入ってしまい、
削り終わったらボキボキになった。
新しく案を考える必要が出てきた。

|

« 本体には皮膚部分を付け、弓も作る。 | トップページ | 仮想戦国時代よ!私は帰ってきた! »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本体には皮膚部分を付け、弓も作る。 | トップページ | 仮想戦国時代よ!私は帰ってきた! »