« 素材を変えて、零から小蒔製作 | トップページ | 模型を作るには本物を知らなければ。 »

2007年10月20日 (土)

本体には皮膚部分を付け、弓も作る。

洗濯と時々掃除、モンハンかスタチュー製作だけの今週。
来週くらいから、放送講座で勉学再開予定。
外にお出かけしなきゃならないから気が重い。

今週のお昼から夕方は、
モンハンをやるかスタチュー製作をしながら、
テレ朝の京都地検の女とその後の推理ドラマ観賞をした。

土曜日もお昼に推理モノがあるので、
テレビを見ながらファンドを手にする。

おばさんデカ(桜乙女)よりも
おばはん刑事(流石姫子)の方が面白い。
玉緒さんの演技の方が自然に見えて好き。
彼女は年を取っても若く見える・・・
細いジーンズをはけるのは物凄い事だと思いつつ、
手は、常に粘土を練ったりのばしたり貼り付けたりする。

今日でファンド作業5日目。
筋肉っぽい下地の上に、均一にファンドを延ばした所。
層が出来ると後で修正がやりにくい事が予想されるので、
脚から胸まで、乾く前に表面の段差や凹凸を均してみた。
エポパテで手の甲も作る。

ファンドで作り直した弓模型も初公開。
針金にファンドを巻いて曲げる。
プラ板に挟んで重しを乗せ、歪みを矯正しながら固め、
やすりで均して凹んだ部分に更にファンドを付け足す。
手で握らせる部分にスチールボールのダボを埋める。
ポリパテよりも形は作りやすいが、強度がそれほど無い。
極端に湾曲した部分を削っている時、
気を抜くとすぐに力が入りすぎる。
完成品の弓には、釣り糸で弦を張る予定。Komaki0710201
Komaki0710202

|

« 素材を変えて、零から小蒔製作 | トップページ | 模型を作るには本物を知らなければ。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素材を変えて、零から小蒔製作 | トップページ | 模型を作るには本物を知らなければ。 »