« 鋼鉄の乙女、美輪明宏! | トップページ | 破天装備生産は工房レベル6必須。 »

2007年12月 2日 (日)

鈴木ヒロミツが今頃出ている?

延長してまで放送したコールドゲームの後のドラマ。
土曜ワイド劇場 「超高層ホテルウーマンvs女ガードマン」の
端役「高崎の名士」。
今年の初めに無くなった鈴木ヒロミツ氏でした。

主役の奈月さん(浅野温子)が白い息を吐いていたので、
収録は冬のはず。
ということは、去年録ったものがやっと放映されたということ
ですよね・・・
編集ってそんなに長い時間掛かるものなのでしょうか。

タイトルに入ってる"vs"は
「マジンガーZ対デビルマン」の対の意味でした。
つまり、出会い頭の立場の違いです。
ボク、笑っちゃいます。

内容は・・・短絡的殺人の一言です。
エンディングの
「一人で解決出来ないなら、誰かに相談すれば良い」
犯人がそれを出来ていたなら、
彼らが罪を犯さなくてもどうにかなる内容でした。
車と背景の合成があからさまとか、
金持ち連中の衣装がちゃちだとか、不満点もありますが、
浅野温子が久々に見られたのでまあいいやと思います。
池上季実子(内部汚職隠蔽で辞めた優秀な刑事役)と
交代した方が格好良いのにとも思いましたけれど。
若い役者よりも、30代40代の役者が深みがあって好きです。
推理物はベテラン役者が主役脇役固めるので大好きです。

内容も犯人も分かり易く構成されていたので、
推理物なのにハラハラドキドキもなく安心して見られました。

|

« 鋼鉄の乙女、美輪明宏! | トップページ | 破天装備生産は工房レベル6必須。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鋼鉄の乙女、美輪明宏! | トップページ | 破天装備生産は工房レベル6必須。 »