« 争覇で描画能力の底上げか?いや、負担が大きいだけか。 | トップページ | 鎧鍛冶は炉に篭る。 »

2008年3月30日 (日)

石ノ森ぃぃぃぃぃぃぃぃ!

BS2一週間連続番組、とことん石ノ森章太郎を
特撮の回だけ熱心に見た。

キカイダーや仮面ライダーの回は
特撮側のファンと”萬画”側のファンで
話が微妙に食い違っているのが印象的。
特に二日目のアメリカのナントカさんと名越さんは
「対談」をしていない感じを受けた。
”ISHINOMORI OTAKU”と
”石森特撮”で育った日本人が
根本的な認識を確認しあっているような・・・
ゴレンジャー・ロボコン・ポワトリン・ズバットの日は
特撮好きしかいなかったので話が纏まっていたけれど。

「アシスタントのお姉さん席」
に座っているアイドルや声優が
話に全く加われないのもヨカッタ。
アナウンサーさんが話したくて仕方がないのに
司会をしないといけないという立場で不憫に思えた。

話を知っているだけの作品。
リアルタイムで見たきりの作品。
夏休み特集の再放送で断片的にしか見ていない作品
ビデオを借りてまで繰り返し見た作品。

電波で流れるのが嬉しくて懐かしくて新鮮で、
夜がとても楽しかった。

小学生の頃「ライダー四号は君だ」(再放送)を見て
感慨を抱かなかったのに
今だとタイトルを聞いただけで涙が出たcrying

前後編物の位置付けにある話の前編しか
放送しない構成は、後が気になる!!

最終日の仮面ライダーの日。
平成ライダーの話になると宮内さんが
明らかに不機嫌になって、
鈴木美潮さんも島本和彦さんも
コメントが慎重になっていって、
そこにとても共感する。

ペギー松山・光明寺ミツコ・ポワトリン・本田警部の脚、
ん~色っぽいねぇ。

|

« 争覇で描画能力の底上げか?いや、負担が大きいだけか。 | トップページ | 鎧鍛冶は炉に篭る。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 争覇で描画能力の底上げか?いや、負担が大きいだけか。 | トップページ | 鎧鍛冶は炉に篭る。 »