« 撮影場所は模型塾の隣 | トップページ | 複数形の男 »

2008年6月 4日 (水)

新ニッポン人の価値観

まだ、色々言いたい。
新ニッポン人について。

旧ニッポン人経済は
染まっていない人から見て、
物を消費する事に価値があり、
消費する為にお金を得ると見えがちだと思う。
本人は幸せを得ているか分からないけれど、
乾きやすい満足感を潤す為にさらに儲け、
買っていると私は見てしまう。

村上・堀江などは、
カネ自体に普遍的価値を見ているように思う。
つまり、カネ持ち自慢をする事、
周りにカネをばら撒き、
カネ・物によって自己顕示欲を満たす事が目的で
さらにカネを稼いでいたように見える。

新ニッポン人はここで、
カネに対する不信感や
金の悪魔の恐怖を知ったのではないだろうか。

新ニッポン人経済は
消費する事に価値があるのではなく、
消費した物をどう使うかに価値を見出しているはず
紙一枚は書けることに価値があって、
白さがどのくらいで、繊維が揃って美しいという事には
あまり目が行かない。
あまり目が行かないけれども、
市場の”空気”が美しさを重んじるから、
見ざるをえない。
この辺りがジレンマなんだと推測するのだが。

考えてみると、必要な分を必要なだけ買うって
非常に効率がよくて、
売る方は商品の性能だけで勝負できて、
買う方は余分な資産を
個人・家族の楽しみに使うことが出来る。
過剰な宣伝効果や付加価値、
希少価値で市場が流れないから、
健全というのか、倫理的というのか・・・
そういう見失いかけている物の本質や精神的な部分が
見直されるんじゃないかと思う。

借金して大成功か大失敗。
大失敗をしても借金して
次のチャレンジで成功してお飯を食う経済より、
地道に働き、こつこつ貯めて、一部はお飯、一部は娯楽、
一部は将来の為、一部で小さな失敗を埋める
という使い方の方が、
日本人が持っている「慎ましくも幸せに」という国民性と
合致して生き易いのではないかと思う。

「慎ましくも幸せに」の国民性は、
たぶん、
今の世界的な環境問題、食糧問題、貧富の差
これらを解決する糸口になるんじゃないかと思う。
惜しむらくは、時代の先を行く感覚を持った若者が、
親の決めた人生のレールから脱輪したからと言って、
命を絶ってしまうこと。
働いても食べるか食べないかの瀬戸際に立っている
人がいること。
私のように
人間を信用できないために社会に出られない人がいる事。

旧ニッポン人の経済理論に乗らなければ、
新ニッポン人は本当の経済改革者になれるんだ。
日本ならず、世界経済の歪みも矯正できるはずだ。
悩んでいる新ニッポン人は
一足先の闇に恐れたらいけない。
二足先には光が当たっているのだから。
大企業の正社員・国家資格、そんなものじゃなくても
食べていけるんだ。
私たちは、物の使用価値を知っているのだから、
それを確固たる自信にして欲しい。

死んで自分の損が埋まるわけが無いんだ、
その損は大きくなって家族や知り合いに伸し掛かるんだ。
人生の損は生きていれば何とか埋まるものなんだ。

|

« 撮影場所は模型塾の隣 | トップページ | 複数形の男 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

■久米宏の「新ニッポン人」現る-世代でひとくくりにする愚かさを象徴する低レベル報道
こんにちは。あの番組20代は、かわいそうな若者とでも、いいたいのでしょうが、無理がありますね。それに、世代で輪切りにして、ひとくくりにして論じるという懐古趣味とでもいえるような手法を用いています。世代で輪切りにするのは、経済が発展途上の国ではある程度成り立ちますが、今や中国でさえ無理です。
この番組のディレクターも、視聴率の向上にしか興味がないのだと思います。昨年10月にあった「アッコにおまかせ」の『初音ミク』騒動がありましたが、マスメディアは未だにこの騒動の意味がわかっていないようです。愚かです。そうして、声無き声の若者たちは、このような低レベル報道は気にせず、自分の信じる道を歩んでもらいたいと思います。日本の若者ガンバレ!とエールを送りたいです。ここに、書くと長くなってしまうので、詳細は私のブログを是非ご覧ください。

投稿: yutakarlson | 2008年6月 4日 (水) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影場所は模型塾の隣 | トップページ | 複数形の男 »