« キン肉スグルと牛丼 | トップページ | 長政様昇進の為 »

2008年8月30日 (土)

日本気触れ

今週は鬱っ気が強くて体調が悪かった。

でも金曜夜の番組を見て大爆笑して、すっきりした。

笑うじゃなくて、あざけ笑う。
つまり「嗤う」

姫井さんの馬鹿馬鹿しい新党騒ぎ。
美の壷の前半。
ニュース23金曜解放区の怪談特集?

興味深い分野だから言うけれども、
金曜解放区はひどい出来だったわ。
部屋に飛び交う細かい虫を暗視カメラでとって
座敷童なのか!とか
ハトバス怪奇ツアー、将門公の塚を廻るのに同行して、
祟られるかもしれませんねぇとか
呪いの代行業とか。
突っ込み所満載!
解放しすぎ。
心霊番組の方がよっぽど怪異に対して真面目。

ちなみに将門公は朝廷に逆らった武士で、
現在は東京の土地神様。
民衆は祟りません!
祟る対象は政をする人間、
塚を潰そう・場所を移動したいという
再開発をしようとする輩です。

江戸には五色不動の結界と
将門公の五肢を祀った結界がありまして。
土地・民・徳川幕府を守る役割なんですな。

その前の蛙男の風刺アニメや
一龍齋貞水の怪談を聞く会なんて、
まともな内容が吹っ飛んだ。
居間でソファーに突っ伏して笑っちゃった。

美の壷・男の着物も
大名の着る様な成金趣味の野暮な物、
傾奇者が着た様な無粋な物を最初に紹介したから
テレビと口角沫を飛ばしちゃった。
趣味で着物を着ている人も、なんか違う。
同じように、花火大会で浴衣を着ている人もなんか違うよ。
う~んとこういうのは「気触れ(かぶれ)」
「日本気触れ」って言うのかな。
本当に私は口が悪いねぇ・・・へへっ。
西洋建築が当たり前の所と和服って着れば分かるけれど、
絶対に馴染まないよ。
所作や「てーぺーおー」で。
西洋文化には西洋服。
日本文化は日本服が使いやすい。
終わりになってくると、やっと粋な格好良いのになって、
そうだよ、そうでなきゃ・・・と。
谷さんの着ているのを紹介して欲しかった。
裏に書画が入った羽織・・・いいなぁ。

ここ最近の文化番組は「日本気触れ」
江戸と江戸時代を混同したりさ。
関所を跨げば別の文化なんだって昔は。
それが今の県民性に繋がる。
簡単に括ってこうですとはいえないよ。
怨霊だって裏に返しゃ、守り神。
守り神も裏を見れば反逆者。
靖国問題はそれなんだけれどね。
今より顕著に関所を越えた文化は違うだろうし。
噺の種にもなかったっけ、文化が全く逆で困ったっていうの。

改革クラブ旗揚げメンバーの残りの4人は
これからどうなるのだろう。
離党届けを撤回してもらうのか、
反小沢を貫いて無所属になるのか、
はたまた、信用できそうな人を勧誘して、
新・改革クラブを作るのか・・・
本人達にしてみれば「騙された」と思っただろう。

|

« キン肉スグルと牛丼 | トップページ | 長政様昇進の為 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キン肉スグルと牛丼 | トップページ | 長政様昇進の為 »