« 山の中から戻った | トップページ | 水木流荒俣派は大先輩 »

2008年8月24日 (日)

脂肪と筋肉の違いで揺れが違う

剣風帖を手に入れて、
今日の午後は魔人一色。

早速気になるのはちちゆれ

アン子ちゃんは特に揺れる・・・

怒りのポーズの時に
文章にぴったり当てはまる位置で揺れる。
魔人伝奇では数少ない強気娘なのでプンスカプンスカする。
さらにメイン4人並みに登場するので、ぼい~んばい~ん・・・

ぼい~んとか生やさしい表現でなく
ぼんよよよ~~んと。
九龍のイザナキの台詞のように動く。

マリア先生も動くけれども
驚きの時以外はそれほどではない。
天野の絵莉ちゃんは全く。
小蒔ちゃんも全く。
当然、美里は微動だにしない。

で、揺れる人は筋肉よりも脂肪が多い体つきなのかと
理屈をこねてみると、それなりに当てはまりそう。
筋肉量は
小蒔>絵莉ちゃん>マリア先生>アン子>美里
画面で見る皮下脂肪量(乳房脂肪量?)は
アン子>マリア先生>絵莉ちゃん>小蒔>美里
結果として筋肉が少なめで脂肪が多めの女性キャラは
揺れが大きいってことかな。

美里は筋肉も皮下脂肪もないゲッソゲソw
設定の数字だけならアン子と同じくらいなのにw
ストーリー上のヒロイン気取りは揺らせないか。
まな板洗濯板と呼んでいる小蒔は
立ち絵では美里よりもグラマーなんだぞ、京一!

現在四話。
その後グラビアクイーンになる彼女、
十二神将で胸元が大きく開いた和服の彼女、
大きく揺れる見込みが出てきた・・・
悪酔いしそう。

・・・いやぁ、嬉しくないわけじゃないが
露骨過ぎるのが・・・ね。
双樹さん、雛先生でやってほしかったな。

細かいところだと、背景にモザイクが掛からなくなった点、
色の塗りなおしで線のきつさがなくなった点は良い。
マリア先生や美里にさらに色気が出て、
男性陣も精悍さが強くなった。
戦闘イラストも書き直されていて、
戦っている様子が写実的になった。

悪い点としては、19インチ以上のテレビで見ていた戦闘画面を
DSのちっちゃいのに収めているので、
細かくて見難い。
編成とか予定入力の文字が小さい小さい。
2画面分割もあまり嬉しい変更点ではなかった。
戦闘画面の龍麻が・・・太った・・・
さらに髪の毛も艶がなくなってぺちゃっと・・・
真神の女子のいい男話しを変えるほどの
美男子とは思えなくなった。

画調が穏やかになったせいか、
胸が揺れすぎて注目するせいか、
美人系のキャラクターの美人度が大きく上がった。
会話よりも胸に気をとられて、アン子にことのほか愛を語る、
マイ龍麻。
メガネっ娘がメガネを取った時の美しさにドキッとする、
マイ龍麻。
マリア先生が職員室でイスに座ると、
しゃがんで舐めるように脚や腰つきを見る、
マイ龍麻。
京一とおねーちゃんについて意気投合する、
マイ龍麻。
やっぱり元々は男性向け。

三話の村正の件で霜葉が回想で出るかと思ったのにな。
外法の面々を拝むのはまだ先か。

さて、今日のいい事言ったシリーズは

小蒔「旧校舎にはどんな秘密があるんだろう」
龍麻「きっと古代遺跡と財宝があるんだよ。
    超古代文明のオーパーツが眠ってたりして。
    一緒に探検に行ってみようか」

・・・その後、彼は同区の天香学園にて
本当に遺跡と遭遇する事になるのでした。

|

« 山の中から戻った | トップページ | 水木流荒俣派は大先輩 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の中から戻った | トップページ | 水木流荒俣派は大先輩 »