« 小学校と排泄行為の不思議 | トップページ | マンガ夜話で「よつばと!」 »

2008年9月19日 (金)

良い独裁政治家と悪い民主政治家

独裁国家で何が悪い!?、より

番組の趣旨は国民の幸せを考え実行する独裁者の
優れた部分を紹介する事。
日本で「独裁国家」というと近隣の・・・が頭をよぎるから
言葉のイメージが悪いよね。
中世は世界の大国=独裁だったのに。

女性を売春から守る為に出国制限を厳しくした。
クーデターの責任を認め、直接声を聞き、直接喋る。
先住民族の貧困層の人に医療を開放し、
さらに文化教育に力を入れる。
何処の国にも劣らない報道の自由を作り、
情報力で国を守り豊かにする。
食糧危機から抜けだす為に、
農業・地方の生活を国が直接支援した。

何人も”国民の声”を聞いて政治を行う独裁英雄を紹介し、
出演者がコメントをし
アンタッチャブル山崎がボケて締めという流れ。
相変わらずメディア好きな政治家のセンセイは、
身内を持ち上げたり、目糞鼻屎を笑ったり・・・
最後に麻生氏を押す鳩山弟と小沢氏を押す鳩山兄と
たけしが対談。

法務大臣の時には法律順守の姿勢を貫いたとか、
批判されなくていい部分を指摘するのは当然なのだが・・・

まとめ、理想のリーダー像とは。
「首相は自分自身の考えで政治を行わないといけない」
「官僚の意見を反映したものではいけない」

・・・ん~と、
それってVTRの内容に反する、
政治家対官僚で国民は蚊帳の外という
褒められない考え方じゃないでしょうか・・・
民の意見を考慮しない点ではどっちも余り変わらないよ。
政治家の考え違いを露見させたかなあと思うんだw

日本テレビは政治批判に関しては
秀でていると思ったのでした。

ああ、そうそう。
各独裁国家全てが
反超大国を掲げているのは溜飲が下がった。
中東文化も東洋文化も北南米先住文化もアフリカ文化も
西洋文化とは絶対馴染まない部分を持ってるんだね。

|

« 小学校と排泄行為の不思議 | トップページ | マンガ夜話で「よつばと!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学校と排泄行為の不思議 | トップページ | マンガ夜話で「よつばと!」 »