« 閲覧型竜の涙 | トップページ | 想像せよ。長寿アニメの将来。 »

2008年11月27日 (木)

興味深い内容だが見ると身の毛がよだつ。

興味深かったテレビ番組を紹介するコーナーがやってきましたw

その時、歴史が動いた 大坂夏の陣・市街戦

大嫌いなんです「略奪・虐殺・凌辱・・・」
ゲームでこういう系統の物はやるけれど、
所詮二次元だから、欲望のはけ口としてやってるのです。
大丈夫です。現実と非現実の境は分かっています。

昔々、鬼畜王ランスというアダルトゲームをやったのです。
ゲームの目的、世界征服を達成し、達成感はあったのです。
でもその行為によって略奪・虐殺・凌辱された
キャラクター達のことを想うと、罪悪感がそれ以上になったのです。

「実際の戦争で起こった市街戦の実情」を描いた物をみると、
あの時の罪悪感や殺された人達の想いを感じるようで、
心の禍々しい気持ちを封じている蓋のネジがキリキリと締まるのです。
その時口からは、
「戦争は汚い。欲望が軍の命令で暴走する。
 他人を思いやる余裕がなくなる。
 命の価値が戦の勝利より何段も下になる」
と封印の言葉が漏れるのです。

自分がもし、雑兵の立場だったらやってしまうかもしれないと
恐怖も感じます。

戦国時代のゲームをやってはいますが、合戦には参加しません。
負けた時の悔しさと金銭的な出費で落ち込みました。
勝っても、相手もそういった事に不快感を持つだろうと思いました。

改めて悲劇を見ると、市民の悲しみ憎しみ恨みが伝わってくるようで、
心が毛羽立ちます・・・orz

私の中に封印出来ている支配欲は、
私に綺麗事を考えるように薦めます。
心の構造は表裏一体なのでしょうか。

とりあえず、おぞましいけれども歴史の真実が明らかにされるのは
良い事です。
ちなみに三大戦国大名で誰にあこがれるかと聞かれても、
「大きな戦争を起こしている為、その三人は好まない」と答えます。
消去法でもいいなら、
「徳川幕府を作り、後に天下泰平となった徳川」です。

|

« 閲覧型竜の涙 | トップページ | 想像せよ。長寿アニメの将来。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閲覧型竜の涙 | トップページ | 想像せよ。長寿アニメの将来。 »