« 朝なんとかに期待をする事項 | トップページ | モクスペ 危険生物・・・の感想。 »

2009年1月27日 (火)

へいせいらいだーでけいど

期待したさ!
平成ライダー総登場って文句に。
平成ライダーは9作の内、
クウガ・アギト・555・カブト・響鬼しか見ていないけれど。
でも、大人が悲しくなる第一話(後半)。
それぞれのファンの子供は嫌がるだろうアレは。

他ヘイセイラーイダの姿・能力完全コピー。
破壊を防ぐショッカーライダーとでも言えばいいのかしら。

イケメンライダーは事務所が
"ライダーであったこと"を封印しているので、
スーツだけ登場とは思ったが・・・

関係ないけれど、藤岡弘、、宮内洋、
村上弘明、倉田てつをなどは
仮面ライダーであった過去を誇りにしているから
20年から35年も俳優を続けていられるんだと思う。

衝突し壊れ始めた平成ラーイダ世界だから
クウガ変身前がオダギリジョーではないのかしら。
そもそも「五代雄介」でもないらしい。
クウガに協力する警視庁の刑事が葛山信吾ではなく女性なのかしら。
オダギリジョー似の知らない男が
警視庁未確認生物対策課の女性刑事に
「アネサン!」
と助けに入り
「・・・ヘン・シン!」
とクウガに・・・
気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い。

サイトを見ると、変な兄ちゃんは
クウガになってから闘う意味に気付いたらしい。
五代雄介は、最初から誰かの涙は見たくないから
戦士の道を選んだはず。
ディケイド内他ライダーはきっと劇中劇なんだよ。
そうでないと納得できない。
ほれ、さっさとそう言いやがれ!
それでも気持ち悪い!!

そう、ディケイドが真似しか出来ない"力と姿"の表現。
"力"だけ行使した結果、ライダーカードのライダーが消えた。
ディケイドが"曲がった各平成ライダーの物語"=誤解に直接介入すると、
"力"の認識の誤りに気付きその世界の調和が戻る。
徐々に他ライダーの能力をディケイドが使えるようになり、
9つの力を制御できるようになり、
完全体ディケイドとして新しいフォームに変わる!
そして、10個の心を持った一つの力で捻じ曲げられた空間は
元の干渉しないものへと戻っていく・・・とか。

嫌な気分が改善される、現状を否定してくれると信じて
先が気になる。

アドがアクセルラーでウルトラマンコスモスに変身している様な、
ロボコンが挫折して、
ダークロボットとしてキカイダーと対峙した様な、
座りの悪い話だなぁ。
座りの悪さで心臓がバクバクすらあ。

|

« 朝なんとかに期待をする事項 | トップページ | モクスペ 危険生物・・・の感想。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事