« 「ペルソナ」に見る『自分探し』の答え | トップページ | NHKで山本正之 »

2009年5月 2日 (土)

七色唐辛子がきっと待っていてくれる。

2時間時代劇とシリーズ時代劇、
どっちを主として見るか迷える日・・・

幸せだ・・・

「どこかで誰かがきっと待っていてくれる」の部分しか
歌詞と曲を知らなかったけれど、
残りはあんなに難しいのね。
是非、唄えるようになろう。

ビギンジャパノロジーで
「日本人は悲劇を好む」と言っていたけれど、
チガウヨ。

悲劇を作ると、
社会生活の一言で片付けられる汚いところがより汚く、
普段埋もれて見えない
人間の一番綺麗な所が輝きだすからだとオモウヨ。

紋次郎はテレビ番組評価10/10点!
時代劇というだけで6点付けるが、
「お約束」は守る・・・けれどもう一段「お約束」があるよ、
という流れに涎が垂れ+2点。
血飛沫に血濡れの刃、泥臭い格好、
極力屋外撮影を行う事に+1点。
母が「紋次郎は血生臭く泥臭いのが話題だった」と
言うので納得。
良くも悪くも話題になる。
渡辺いっけいが、
権力は欲しいが上に逆らえず、
金に汚い横恋慕流れの渡世人を熱演。
鶴丸検事を連れてきて、引っ張っていって欲しかったw
お市は顔つきからして、
美女からだんだんと悪女になり、
おまんは典型的な不幸な村娘。
ともさかりえが幸薄そうな顔で適役に思う日が来るとは!
ゆがんだ顔でそこそこ可愛いのが、
貧しい村の女にピッタリ。
役者に+1点。
時代小説・時代劇が好きな人は満足。
初代紋次郎を見ていた人も
中村敦夫が
あっしはもう老いた身でござんすと出演しファンサービス。
そうでない人だって本格的時代物に興味を示すだろうと思う
会心作だった。
(同じ江口のGOEMONがBASARA系だと良く分かる)

テレ朝では本当に涎を垂らしていたw
最初と中と最後だけ見れば話は繋がるのも
時代劇のいい所。
「七味唐辛子」じゃなく「七色とうからし」
分かってる、分かってるね!
江戸・東京府の人間は「七色」って呼ぶんだ!!
結局、井上和香も巻き込まれて「お約束」を果たのか。
一件落着!!
仕事人三人対悪役一人は
「紋次郎対仕事人」の背景があったからこそ
腑に落ちるが・・・背景がなければやりすぎと思ったはず。

若村麻由美が和久井映美のお菊をやって欲しいな。

木枯し紋次郎でも
人別帳や飢饉、口減らし、親子心中といった
現代に通じる事を取り上げるのね。

さて、明日は山村美沙サスペンス。
来週は渡瀬恒彦ではない十津川警部シリーズ。
原作提供の契約なのか、
100%顔を出す紅葉がいなければ見るのにw
紅葉出演で気持ちが萎える・・・

|

« 「ペルソナ」に見る『自分探し』の答え | トップページ | NHKで山本正之 »

映画・テレビ」カテゴリの記事