« 爆問 情報理工学 | トップページ | 宇宙世紀の歴史が動いた »

2009年7月22日 (水)

大相撲の観客の応援下手

お相撲大好き!
場所中はBS2を垂れ流していたのに、
ここ1年ほど三役の取り組みになると放送を消す。
応援の仕方がなってない輩が大手を振るから。

手作りの垂れ幕を振り、
指笛をぴーぴー鳴らし、
手拍子を取り、
それに合わせて四股名を連呼する○○コール。

座布団投げをイス席から行う輩も。

宴会の延長のようで見苦しい。
あんな応援されたら、
立ち会いに向け集中する力士の気が逸れる。
今場所(平成二十一年名古屋場所)の
朝青龍の負け試合並に
みっともない観客。

ラジオだと解説は厳しい事を言って興味深いのに、
やっぱり礼儀知らずな応援が耳に付く。
団扇パタパタもテレビだと結構目に付く。

安いイス席から見ている奴がやる。
高い升席から見ている方は拍手と掛け声だけ。
やはり、升席を買える方々は気位が高うございます。

常勝の横綱と、(落ち目の横綱と)
番狂わせを狙える実力の大関が揃ってきたのに、
場の雰囲気の分からない質の低い客の応援で醒める。

午前1時40分からの大相撲全取組は、
そういう部分をある程度編集しているのでまだ良し。

マイクの感度をもっと落として中継して欲しいよマッタク。

|

« 爆問 情報理工学 | トップページ | 宇宙世紀の歴史が動いた »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/45710440

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲の観客の応援下手:

« 爆問 情報理工学 | トップページ | 宇宙世紀の歴史が動いた »