« meijiのロゴデザイン | トップページ | 世界(胎内)まる見え テレビ特捜部 »

2009年9月27日 (日)

BShiでペールゼンファイルズとはっ

テレビシリーズを知らないと
半分は分からないアニメをよく放送するなあ。
「装甲機兵ボトムズ」自体がロボットアニメの中でも
マニア向けかつ、さらにその外伝シリーズ。
今年公開された劇場版をもう放送。

最近のBShiの無謀さはなかなか貴重だと思う。

OVA1話で3DCGとセルアニメの乖離を目の当たりにして
投げ出したので、ありがたく2時間集中させてもらった。
メカだけ3DCGは好感が持てない手法だわ。
雪原と山本モナドあたりではなんとかなってはいたが。
絵と色調と動きが
妙にアメリカンアニメ調になっていたシーンが残念。

百年戦争終結時に、
キリコは自分が異能者であると自覚している設定だったっけ?
だが、本編に影響が無い様にその前を埋める話は
本編を知っていると非常に引き込まれる。

レーッドショルダー・ニーズ・エン・トーズ・ニーズ・エン・トーズ

サンライズの看板ロボット二つ、
ガンダムシリーズのテーマは
「個人(富野)と社会(アニメ業界)の考えの違い」
ボトムズのテーマは
「自分はなぜ生きてゆくのかという疑問」
と読んでいる。
ボトムズで描かれる悩みの方が精神年齢が高くて好き。

|

« meijiのロゴデザイン | トップページ | 世界(胎内)まる見え テレビ特捜部 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« meijiのロゴデザイン | トップページ | 世界(胎内)まる見え テレビ特捜部 »