« 杉下右京VS浅見光彦 | トップページ | フィギュア用メガネの試作 »

2009年10月22日 (木)

時代劇風味ドラマの時代考証

侍や江戸を扱ったドラマが
なんとかブームで一気に数が増えたが、
細かい所への配慮が
時代劇に比べてかなり足りないのが気になるんだよね。
画面栄えしない以前の時代考証ということで。

前にも挙げたが、
サムライハイスクールでは六連銭(六文銭)の向き。

JINでは神田川に高い崖。
石高の低いお武家さんの朝食がお茶碗山盛りの白米。
長屋の人が枡に山盛りの白い砂糖を事も無げに持ってくる事。

仮面の忍者・赤影、変身忍者・嵐、
メタル侍のような奇想天外なチャンバラ物なら、
奇天烈な格好であろうが、
現代の道具を持っていようが、裾が短かろうが、
さらしがブラジャー代わりであろうが、
化学染料のプリント着物であろうが、
笑っていられる。

数年前には、月影兵庫が
舗装された山道をあるいていたなあ。

|

« 杉下右京VS浅見光彦 | トップページ | フィギュア用メガネの試作 »

映画・テレビ」カテゴリの記事