« よしなが先生 寺田はるひ | トップページ | ブラタモリ 日本橋 »

2009年11月26日 (木)

11月25日分のクローズアップ現代

若年層の言語能力の低さが問題になっているというテーマ。

言葉を文章として使う機会が減った為、
言葉の論理的な展開が上手くできず、
物事の説明能力が低い者が目立つらしい。
説明できないということは自分の考えを外に出せない。
結果、総合的な学力や意思疎通能力が低く、
社会対応が出来なくなる。

文として成立していない読書感想文や、
日本サッカーが強くならないのは
「選手同士の意思疎通能力が低い」
とサッカー協会に報告された事が挙げらていた。
民放のサッカー中継後のヒーローインタビューで、
アナウンサーの質問に
「はぁ」「普通っす」としか答えられなかったのは
そういうことかしら?

大阪の小学校で「なぜなら」を使って話す授業をしていたが、
論文じゃあるまいし、会話で「なぜなら」なんて使わない。
口頭の場合、理由を挙げながら
結論は頭の中でまとめ、最後に述べるのが自然。
マニュアル順守的な授業は
話し言葉が書き言葉に入り込むのが問題であるように、
書き言葉が話し言葉に入り込んでしまうように思う。

私がアスペルガー症候群と診断された理由の一つが
言葉の限り少しでも詳しく話そう、書こうという気質なので、
その点においては、
「普通の人」がやらない努力をしているのかしらと
嬉しくなった。

番組サイト

(この文をまとめるのに1時間半はかかるような努力なので、
一種の徒労かもしれないが。
じかにパソコンに向かうより
鉛筆を持って下書きを考える方が早い事を最近
"みいつけた!"
なのにブログではそれをやらないから時間が掛かる。)

|

« よしなが先生 寺田はるひ | トップページ | ブラタモリ 日本橋 »

日本語について」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/46861851

この記事へのトラックバック一覧です: 11月25日分のクローズアップ現代:

« よしなが先生 寺田はるひ | トップページ | ブラタモリ 日本橋 »