« 服の皺と幾何学と模型 | トップページ | 日本語の作文技術 »

2010年1月31日 (日)

追跡 A to Z 言語力

クローズアップ現代の再利用・・・
しかし、クロ現で扱ったテーマと
若干変わってしまったように思った。

西洋諸国と同じような能力を・・・だと!
日本語の特性を理解しないで、
EUの言語教育を見習いたいというのは愚か。
文法の違いは民族性の違いと言っても過言ではない。
西洋を見習ったら"日本人らしさ"は死ぬ。

考えをまとめる能力が低くなった理由として
メールを使うのが当たり前になった、
マークシート方式など挙がった。
私は"空気を読む"のを良い事と思う風潮も
マイナス要因だと思う。
さらに「繋がる」を喜んで自分と他人の境界線を曖昧にする。
考えを伝える能力が育つ環境には程遠い。

自分の考えに自信を持って、
自分と他人は感じている世界が違うと自覚して
"言う"でも"書く"でも続けていると確実に変わる。
文章の場合は自分で書いたものを
読み直してみる事が良い。
言葉は蜂蜜にもなるが、剣にも盾にもなるんだ。

・・・長距離弾道ミサイルにしてはいけない。

|

« 服の皺と幾何学と模型 | トップページ | 日本語の作文技術 »

日本語について」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/47436663

この記事へのトラックバック一覧です: 追跡 A to Z 言語力:

« 服の皺と幾何学と模型 | トップページ | 日本語の作文技術 »