« 良いゲームの選び方 in 中古屋 | トップページ | この時期に目玉おやじを使っちゃ・・・ »

2010年3月11日 (木)

「ひやめし冬馬四季綴」に共感した

先日買った久しぶりの小説

・ジョン&マリー 二人は賞金稼ぎ 桝田省治
・帝都物語 荒俣宏
↑作家買い
・ひやめし冬馬四季綴 桜小町 米村圭伍
↑表紙買い
表紙買いした「ひやめし冬馬」が一番面白いw

学業も剣術も婿取り先も生活も諦めた
鳥刺しで小遣い稼ぎをするニート侍の主人公が、
町一番の美人に一目ぼれしたのをきっかけに
自分の現状を打開しようとする時代小説・・・

なんだろう、このキューンってする気持ち。

父親が失脚した真相を知り不正を暴く大願は果たすが、
欲しかった美人の嫁も名声も身分も手に入らず、
分不相応の欲を出したばかりに
親友を失った謝罪を込めて
趣味の世界に戻る最後もキューンってするw
表紙に描かれたヒロインがチョイ役とはなんて奇抜な。

米村圭伍の小説は”庶民思考”に溢れていていいな。
何作か読んだが、絶対に序盤ではインパクトが無く
中盤からのコロコロと変わる展開から
面白くなるのだけれど。
・・・表紙に釣られなかったら手に取らなかったはず。

そういえば、今まであった女キャラ萌えはなくなって、
男キャラ主体で雄雄しい展開は
「時代小説らしく」なったなあ。

|

« 良いゲームの選び方 in 中古屋 | トップページ | この時期に目玉おやじを使っちゃ・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/47780049

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひやめし冬馬四季綴」に共感した:

« 良いゲームの選び方 in 中古屋 | トップページ | この時期に目玉おやじを使っちゃ・・・ »