« 今日は一日ゲーム音楽三昧を聞き通して | トップページ | お盆休み合併号をいまさら探す »

2010年8月10日 (火)

廃品不用品回収業者が配るチラシの矛盾点と問題点

大音量のアナウンス流しながら徘徊するな。
チラシをまいて宣伝していろという人もいるが、
チラシの内容もいかがわしい。

正規登録業者をうたっているが、
登録した業務以外も行っているので違法だろう。

先に結論を言ってしまうと、
どんなに大きなゴミでも家庭から出すなら
行政の収集に頼るのが安心で安全。
しかも最終処分地もハッキリしている。

チラシ宣伝専門で営業し、
ぼったくり商法で処分を受けた業者の事例が
すでにあるので、文面を鵜呑みにするのは怖い。
http://response.jp/article/2009/08/13/128367.html

1_62_5 登録しているのは「産業廃棄物収集運搬許可」である。
産業廃棄物の定義は
事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、
廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物

一般家庭から出る廃棄物を扱う
(=「粗大ゴミ・不用品回収」「遺品整理」など行う)
事は許可されてはいない。
それらを行うには
一般廃棄物収集運搬許可が必要である。
ただ、許可の本音は
家庭ゴミは行政以外扱うのを許さない
ということなので。
一廃許可を持っていても、
行政の指示なく回収したら違法だよ。

古物商許可も受けているが
古物商が行えることは、1円以上で買い取る事のみ。
適用される業務は「即金買取」だけ。
客から金をむしりとって生計を立てているのだから、
買い取るなんてごく稀だと思われる。
また、登録した場所以外で買取を行うには
現場で買い取る人間が
行商従事者許可証を携帯していないと違法なのだ。
会社が古物商許可を持っているが、
自分は持っていないという事を軽トラ業者から聞いた。

警視庁のサイトには
違反行為としてページが設けられている。

無料および有償なら、廃棄物処理法の範囲。

正規登録していようが、やっている事は
登録していること以外であり違法業者の疑いがある。
チラシに関することについてのクレーム受付先も
記載されている。
しかし、そこにかけると彼らの思う壺になるのだろう。

極限まで薄い紙を使用し何度も投函されるのに
「永久保存版」とどのチラシにも書いてあるのが、
価値の低さを演出する。

4_4 こちらの業者などは古物商許可しか受けていないのに
(よく見たら上に東京都・埼玉県・さいたま市で
産廃許可を受けていると書いてあった。)
「正規登録業者」「不用品・粗大ゴミ 回収・処分」
と書いているのだから噴飯ものだ。

21_2

テレビで紹介されたと書きながら、
自社の所在地も書かない業者。
「悪徳業者にご注意を」の欄では
事実を曖昧にした誘導宣伝文句。

上でも書いたが
必要なのは、一般廃棄物収集運搬
都道府県ではなく市区町村の管轄。
「収集運搬」が付いたものなら
何でもいいというわけではない。
廃棄物処理法には利用者も同罪だとあるが、
現実的には
営業した方が真っ先に罪に問われる。

廃棄物処理法違反単体で
摘発されることが少ないというのも
無許可業者がのさばる理由でもある・・・

11/13 追記 10cm×7.5cmの極小チラシ(表・裏)Haihin2_2
他と同じように産業廃棄物関係の許可を持ってるから
大丈夫と、お粗末に胸を張る。
許可を受けていない業者を利用すると客処罰されると
一種の威し文句。
無許可業者と許可すり替え業者の醜い争い。

不法投棄物から身元が割れて、
不法投棄するから依頼したとして
利用者と業者が同時に摘発された事例もあるにはある。

正社員だから知識が豊富?
正社員という一点で
社員の質が保証される時代ではないだろう。
正社員=社内問題を漏らしにくいという見方も出来る。

産業廃棄物収集運搬許可では
産業廃棄物を扱えば合法だが、
許可が下りないため
その許可番号すら詐称する所もあるという。

産業廃棄物を出す会社はあらかじめ本当に登録されているか
検索してみたほうがいいだろう。
(全国版)
http://www.env.go.jp/recycle/waste/sanpai/search.php
(東京都専用)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sanpai-search/contents/search/main.asp

各番号で検索してみたら、産廃登録が今年の1月。
登録車両1台。
各地で再生工房を見習って廃品回収が増えた頃か。

2011/02/17追記

1これはヒドイ。
引越し・不用品引取り(有料または買取)。
会社住所記載なし。
一般廃棄物許可はおろか、
法知識のない人騙しのための産業廃棄物許可もない。
価格表を出している事から、確実にお金を取っている。
=廃棄物処理法違反(無許可)
(かなりのボッタクリ価格
 プリンターが3150円からって誰が出すかよ)

買取もやるといいながら古物商許可がない。
=古物営業法違反(無許可)

家電リサイクル法
小売店・市町村が収集運搬し、
メーカーがリサイクルする」法律なので
対応しているわけがない。
引き取り価格も家電量販店の数倍。

書類の引き取り=社内情報・家庭事情の漏洩
タイヤ・バッテリーの引き取り=不法投棄の王様

2011・03・24追記
一番目に載せた業者の新しいチラシ

1_42_2 比べると一目瞭然だが、古物商許可がなくなっている。
期限が切れたか、取り消しになったかcatface
買取りをしたら古物営業法違反だぞ。
本社が廃品回収騒音集中地帯の中野区なのよね。

2012/01/30追記
萌えキャラを使った気持ち悪~い業者。
裏側では買い取りを謳いながら古物商許可表示なし。
女性スタッフが対応と書いてあっても、
写真に写るのはむさくるしい男。
Img018 さらには・・・
Img019_2 この業者を利用するとワクチン5本分寄付するらしい。
世の主婦や主夫は知っていると思うが
ペットボトルキャップ1個=ワクチン1本分って
集めてるNPOがあるから金額は推して知るべし。
そのNPOも日本ユニセフ協会のような
寄付金で儲けてるっぽいけど。

|

« 今日は一日ゲーム音楽三昧を聞き通して | トップページ | お盆休み合併号をいまさら探す »

拡声機騒音+廃品回収問題」カテゴリの記事