« 佐川急便の配達が来ない! | トップページ | 超級!機動武闘伝Gガンダム 1&2 »

2010年12月15日 (水)

劇場版ゲゲゲの女房 感想

昼夜逆転の生活時間と車で行ける所という限定条件で、
調布パルコへ見に行った。

必然性で選んだのに
『女房』を見に行くのが調布というのは
妖怪さん達と
水木センセイのお導きであろう!!!

原作付き映画として非常に満足できる内容だった。

連続テレビ小説に対して
「こんなライトでポップなのは武良一家の記録じゃない!
 村井一家はフィクション率90%だ」
という不満を持ったが、それが全て晴れた。
NHKもいい仕事するじゃないか。受信料外だけど。
主人公は村井布美枝じゃない、武良布枝なのだから。

久しぶりに文章を映像化しただけの映画にめぐり合った。
原作読者を絶対に裏切らないし、
期待を遥かに超える様な事もない。
ただ、武良夫婦の半生を知らないと
話に着いていきにくい場面もかなりある。

連続テレビ小説ではあくまで原案であったが、
劇場版は「原作」と打ってあり、区別されている。

さらに、映像作品化というメリットとして
「見えないけれど居る妖怪」がちょこちょこ入るのだ。
観客には見えるが、登場人物たちには見えない妖怪。
造形もウエンツ鬼太郎や妖怪大戦争のように、
水木しげるのイラストそのままでないのも
「妖怪の概念」に沿っていて好ましい。
東映アニメーションの作ったアニメに慣れてしまっているので
水木マンガがそのままパラパラマンガになったのも新鮮。

調布市に配慮したせいであろうか、
40数年前の設定であるにも関わらず、
一場面に現在の調布駅北口・調布パルコ前
(映画を見ている建物の前)を使用しているのは
かなり気になった。
折角なので好意的に考えると、
「時代に取り残されているような気がする」
というセリフから、
その風景は「心境と世間の差を表した妖怪」で、
観客だけ見えるものではないか。

この映画、
連続テレビ小説より制作費が大幅に少ないと思う。

|

« 佐川急便の配達が来ない! | トップページ | 超級!機動武闘伝Gガンダム 1&2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事