« 2011年1月27日発売を購入・・・D区分D区分B区分 | トップページ | 弓道を始めました »

2011年1月30日 (日)

ドリクラZERO VS ぎゃるがん

同日発売だからどうしても比べてしまう。
ドリクラZEROとぎゃるがん

買おうと決めた時期の速さは
ドリクラ>ぎゃるがん
ぎゃるがんはゴールドメンバー体験版がなければ、
発売後の反応待ちだったかもしれない。

ドリクラZEROは前作から
正当な方向で良くなった!
モデリングもより綺麗になり、
動きもかなり滑らかになった。
受付さんと会話でき、
さらにドリクラに入らずに帰る事もできる。
ドリクラで散財するか、
寝ているかしかしかできなかった
休日の行動に幅ができた。
部屋の内装をホストガール一色にしたり、
無印から衣装の引継ぎもある。
しかも、一揃えだった物が
帽子はアクセサリーとなったりと嬉しい変更も。
バイトの数も増え、
熟練になるとホストガールとの会話に反映される?
ただ、年齢の関係上「ドリクラ-5ヶ月=未成年」のキャラは
入店が遅れるという、一部ファンに辛い仕様。
まあ、ちとせさん(本名)が本命だから問題なしw

辛口評価すると前作から大きくイメージアップとか
驚きという感想は持たない。
やることは前と一緒だし。
レッスルエンジェルスサバイバー2が出たとき、
わぁやりやす~いと思ったのに似ている。

その逆にぎゃるがんはとても衝撃を受ける。
3DCGギャルゲは
キャラのしぐさを受け取るだけが常なのに、
これはプレイヤーが積極的に
(視線で)お触りしないといけない。
今まで見ているだけだったのが、
イタズラをするのが目的という変化は
気分も身体も盛り上がる。
熱視線で・・・という設定だが、
やっているとチョンと触っている気分になるんだw
これなんていう「イチャずら」?

モブキャラが数パターンの組み換え色変えだとか、
声優が日ナレの9割アマチュア役者とか、
ストーリーが希薄とか、
連射で指が痛い、
エンディングよりプロフィール集めが目的だろうと、
ツッコミどころは沢山あるのに、
「それはそれでいいや、
素人おにゃのこへのお触り万歳!」となるw
エロゲの常套句である「らめぇぇぇ」や「いっちゃう~」が
聞けるコンシューマゲームはぎゃるがんだけ?
これガンコンでやりたい。

ドリクラZEROが依頼料の不払い問題で
1ヶ月延期になった分が惜しい。
延びなければ、もっと話題になっただろう。
え?スカートが消えるバグ?
バグなんて評価の範囲外ですよ。

3日間で遊んでいる時間は、
ぎゃるがん>>>(ラストスト)>ドリクラ
となっている。

やっている事はバーチャコップなのに、
標的が女の子というだけで
こんなに頬が緩むのはなぜ?=ぎゃるがん

やっている事はアイマスなのに、
場所がホステスクラブというだけで
こんなに頬が緩むのはなぜ?=ドリクラ
が通った道だし、
やっている事は大戦略なのに(以下略)
やっている事は三国志なのに(以下略)
と前例はたくさんある。

そもそもギャルゲ乙女ゲの主流となった
アドベンチャー系だって、
やっている事は弟切草なのに、
目的が恋人関係になる事というだけで
こんなに頬が緩むのはなぜ?だからね。

|

« 2011年1月27日発売を購入・・・D区分D区分B区分 | トップページ | 弓道を始めました »

ギャルゲ」カテゴリの記事