« アグリーベティシリーズ完結 | トップページ | 無許可廃品回収と悪質貴金属買取業者は関係性があるのか? »

2011年2月26日 (土)

アニソンのど自慢・・・傾向と対策?

今年も子供の日に放送するのかな?
過去二年の放送で予選を通りそうな人、
優勝しそうな人の傾向は分かったので当てたいw

応募しても大阪に行く資金はないし、
人前で歌う度胸もないから。

落ちる人の傾向としていくつか挙げてみる。

1、音階を外す(緊張していて・・・も含む)
2、オリジナル歌手のクセを真似する
3、審査員が参加した番組の歌を選んでアピール
4、コスプレも含むパフォーマンス偏重
5、自分のライブであるかのような高揚状態
6、イントロが長い

結構、通常ののど自慢と同じだと思う。
変な話、本家のど自慢は
見た目も選考基準に入る気がするんだ。
30代半ばで女というのが、なぜか優勝しやすい。
それも考慮して重要性は
「歌唱力>見た目(低オタ度)>パフォーマンス」だと思う。

イントロが長いというのは、決定的に不利。
放送時間の関係上、
最初の数小節を歌って鐘を鳴らすことになる。

アニソン・特ソン限定だからか、
オリジナル歌手のクセ真似は
どんなに歌そのものが上手くても残れないようだ。
また、NHKだからこそ、
「別の番組で取り上げた事があるアニメ」というのは
比較的本選に残っているような気がするんだよな。

優勝を狙うなら曲は・・・
イントロ短い>歌いやすい>好き・歌いたいで選ぶ。
ささきいさおの様な実力者の歌はハードルを上げるだけ。
大御所だけれどクセのない歌手の歌、
80年代から出てきた
素人に毛が生えた歌手(デビュー曲や声優)の歌で
かなり知名度の高いのがいいと思う。
水木一郎や影山ヒロノブなど
クセの強い人の歌を歌いたいなら、
当時のレコーディングを参考にするのがいいはず。
イントロは古い時代の曲の方がより短い。

歌うときのテンションはたいらいさおくらい・・・
うたのおにいさんが上限。

予選で用意された1分を(カラオケにある曲で)どう使うか
モノマネでは無い自分の歌を歌うか
これが勝利の鍵だ!

もし、出るとなると、
トライダーG7・サスライガー・
炎のさだめ・夢色チェイサー・
アイアンリーガーあたりか・・・(ロボ専なので)
ささきいさお好きと歌いやすいを組み合わせて
正義のロボット ゲキ・ガンガー3とか。
もともと、いさおの歌じゃないからね。
HUMAN TOUCHを颯爽と歌ったら意表は付けるな・・・
歌えないけど。
アニメソングらしいというのも重要かも。

第三回の募集申し込みが始まったのでURL記載しておく
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0096662/
締め切りは4月6日必着。

予選会動画
http://www.nhk.or.jp/osaka/anison_nodoyosen/
6/30まで

|

« アグリーベティシリーズ完結 | トップページ | 無許可廃品回収と悪質貴金属買取業者は関係性があるのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事