« リリックちゃんだー! | トップページ | 今週の小噺 »

2012年5月 9日 (水)

星は何でも知っている。ナイルも何でも知っている。貴方は私の戦いが記録されたDVDを買った!

証拠はあるのか!!
トトメス「証拠は・・・ない。だが、貴方がジライヤのOPを口ずさみ、特撮三昧を録音した中の大龍宮城を繰り返し聞き、イブンバツータ・スカラベルージュと変身ポーズの練習をしている事から類推は出来る!そう1巻を買ったであろう!!」

DVDの解説書の内容が薄い上にぶっ飛んでる。寄せ鍋の女王にマスクマンを連想させるコメントいれたり、チョコレート好きの悪魔に世界の忍者と戦ってたといれたり。今年発売だけあって、ダメンテ大統領の秘書には今は太って芋を洗いながら踊ってると書く・・・。
シュシュトリアンはしっかり解説してて、妖怪ヘリクツがZXの中の人とか妖怪理想の主婦がピンクターボだとか書いてあるのに。
トトメス「なにを血迷うプランナー!」

トトメスって雪子お姉ちゃん以上に妹任せでナイルの悪魔探してたんだね。
ところで雪子お姉ちゃんと制服がよく似てるけど、実はサナエちゃんは雪子お姉ちゃんの先輩?でも学校は違う?
芋ようかんが好きなのは、他の誰でもなく浦沢義雄自身なのか?深い意味もなく芋ようかんが出てくる。息で芋ようかんを食べたとか分かるわけないだろう。もしトトメスがカーレンのあとの放送だったら、占いコンパクトが芋長の芋ようかんを買うように言うのを期待しちゃうぞ。

不思議コメディーは子供(小学生)の動かし方が当時の子供らしい動きで(マナミ・イツカ・ハナコの関係は同世代として小学校で見た気がする)、大人が大人と呼べる存在ではないという真実を上手く利用している。シュールとかナンセンスっていうより、大人が子供に隠している弱みがボコボコ出てきて、子供目線の面白さと大人目線の面白さが3:7くらいの配分。マイナー特撮どころか世間のオジサン・オバサンに見てもらいたい大衆娯楽になっても良い内容だ。

トトメスvsシュシュトリアンだったら、美人度で残念ながらトトメスに1票。演技の下手さをEDのサナエちゃんの笑顔一発で帳消しにしてくれる。サナエちゃんは一目惚れして、話す機会を伺っているうちに「空に太陽がなくなったら、取り得は美しさ」だけかなと思うタイプ。まあ、ティナと一緒にいたらティナに行きますが・・・。山吹家三姉妹は何回か会う内にあの子ちょっと地味だけど、良く見ると可愛いし性格もいいよなって感じ。特に月子お姉ちゃん。昔から好きな女の子は変わりません!!中年キラー月子は伊達じゃない!!!

あとは、確かにオモチャが売れるわ。小道具があればごっこ遊びが格段にやりやすいもん。

私はマナミたち(91年に小5)と同級で、花子(93年に小6)の一つ上なのか。
放送年比較してみるとシュシュ(&ダイレン・ジャンパーソン)が終わって、私のTV特撮オタク人生第1.5期が終了したようだ。不思議コメディーの存在は大きかったな。そして、クウガまで我、空になる。

|

« リリックちゃんだー! | トップページ | 今週の小噺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/54667502

この記事へのトラックバック一覧です: 星は何でも知っている。ナイルも何でも知っている。貴方は私の戦いが記録されたDVDを買った!:

« リリックちゃんだー! | トップページ | 今週の小噺 »