« 自閉症スペクトラム障害(ASD)による感覚過敏が引き起こす嫌悪感覚 | トップページ | 遊戯王OCG3ヶ月連続「ラバー製デュエルフィールド」当選 »

2014年2月12日 (水)

ガブリボルバー(玩具)のレバー(撃鉄)ロックを外す改造

キョウリュウジャー終了で玩具がまとめてセール中。
ガブリボルバーなどまとめ買いをした。

ガブリボルバーは安全のためか、グリップに付いたボタンを下げながらじゃないとレバー(普通は撃鉄かハンマーって名前らしい)操作ができず、劇中のようなスムーズな変身ごっこが出来ない!子供たちが振り回して勝手にカパカパしないようにだろうが、キョウリュウジャーが好きな大きなお友達にとっては余計なお世話機能。
仕組みを調べて、改造してみよう!!

ボタンはレバーをロックする部品を動かしているようだ。
隙間から覗くと部品が噛んでいるのが分かる。
12_2 3_2この部分を外すか切り取ってみればなんとかなるはず。
まず、中に手を入れるために上顎から外していこう。
4赤丸を付けた部分のネジを取る(黒色)
5 上顎の部品を外して撮影。
さらに赤丸の所にあるネジを外す。(一つは電池カバーの下)
基本的に黒く塗装してある部分は黒いネジを使用しており、他は銀色。2・3か所だけ短いネジを使っているので注意。
6 本体を開ける。トリガーやガブリカリバーとのポンプアクション用パーツが外れやすいので注意。
7 赤丸で囲んだパーツがロック機能を担っているようだ。
8 右側(この状態だと上)からレバーの内側へはめ込んでいるだけなので簡単に外れる。
9 ネジを締めなおす。
10 顎と連結するパーツに気を付けながら元の形に戻す。
すると、レバーが自由に動くようになった!!(写真は開と閉の中間)
パーツのかみ合わせが意外と硬いので勝手に閉まったりということはなさそう。逆さにしても口は開かない。
これで、楽に大人の変身ごっこ(コスプレも)が出来るぞ!
音質が悪いのでスピーカー部をちょっと指で押さえると、くぐもりつつも聞き取りやすい音になる。ちょっと塞ぐ加工をしてみようか…

獣電池の音声変更システムも6つのボタンを押す組み合わせだと分ったし、ニセ獣電池も作れそう。うん、デーボス軍も真っ青だ。

ガブリボルバーって子供向けにしては大きくて重いよね。
これ、大きなお友達が安心して使えるサイズ…

|

« 自閉症スペクトラム障害(ASD)による感覚過敏が引き起こす嫌悪感覚 | トップページ | 遊戯王OCG3ヶ月連続「ラバー製デュエルフィールド」当選 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187321/59121339

この記事へのトラックバック一覧です: ガブリボルバー(玩具)のレバー(撃鉄)ロックを外す改造:

« 自閉症スペクトラム障害(ASD)による感覚過敏が引き起こす嫌悪感覚 | トップページ | 遊戯王OCG3ヶ月連続「ラバー製デュエルフィールド」当選 »