スポーツ

2009年7月22日 (水)

大相撲の観客の応援下手

お相撲大好き!
場所中はBS2を垂れ流していたのに、
ここ1年ほど三役の取り組みになると放送を消す。
応援の仕方がなってない輩が大手を振るから。

続きを読む "大相撲の観客の応援下手"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

アメフトワールドカップTV中継

NHKBS第一で放送するよ!
ワハァイ!

続きを読む "アメフトワールドカップTV中継"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

ベンガルズ4連勝なるか?

昨日のNFL中継
ニューイングランド ペイトリオッツ VS シンシナティ ベンガルズ
前評判では、
プレーオフ(優勝決定戦)に一番近いベンガルズが
主力レシーバーを欠いたペイトリオッツを下して4連勝を
飾るだろうと言われていたらしい。
実際、中継中にプレーオフの宣伝が流れたのです。
気が早すぎ・・・
注目選手はベンガルズのQBカーソン・パーマー
前年度プレーオフ進出の立役者らしい。
結果は・・・
                NE                        CIN
1st            0            -            6/FG/FG
2nd       14/TD/TD -            0
3rd           7/TD      -            7/TD
4th 17/FG/TD/TD-            0
----------------------------------
                38            -            13
ベンガルズいいとこなし!

1stQTR:ベンガルズの猛攻。格下と言われたペイトリオッツ
は殆ど攻撃できない。
ペイトリオッツQBブレーディーがいいパスをするが、
レシーバーが上手くないので取れない。
ベンガルズ2回目のTDは反則で減退しなければ
TDになったかも。
その辺りからベンガルズの調子が悪くなる。
2ndQTR:ベンガルズのディフェンスによく穴があくようになる。
そこを突いてペイトリオッツの反撃開始。
QBに渡さずにRBにボールを通すという珍しい作戦や
ルーキーのRBマローニーがいいランを見せ始める。
その後、長距離ランはマローニーの独壇場に。
パントリターンでもビッグプレイが出る。
15y~敵陣40yまで45yのリターンラン。
2回目のTDは完全にベンガルズの失態。
レシーバーをフリーにしてしまい余裕のTDだった。
ベンガルズはチャド・ジョンソンが必死のプレイをする。
ハーフタイムまでのプレイ結果で、
トータルヤードも攻撃時間も同じくらいなのに、
3rddown成功率がNE50%・CIN14%と大差。
3rdQTR:ベンガルズのディフェンスが粘りを見せる。
しかし、マローニーが一枚上手。
タックルを手で受けかわしながら走りTD。
新しいエースの誕生と解説者が絶賛。
そのTD、エンドゾーン直前にマローニーがなぜか
欽ちゃん走りになった(笑)
ペイトリオッツの基本戦術がディロンでじりじりゲインをし、
マローニーが長距離ランで1stdownとなる。
ほぼ、パスプレイがなくなる。
4thQTR:始まってすぐにペイトリオッツがFGを決めるが、
まだ逆転可能な範囲。
しかし、自陣14yで、ベンガルズがファンブルしたボールを
ペイトリオッツが確保し攻撃権が移ると、そのままTD。
ここで、FLAG(反則)。
「スポーツマンらしくない行為」
試合を決めるTDで浮かれ、チームメイト数人で踊ったのが
反則らしい。
でも、TDは取り消しにならず。
残り10分あるが勝負が決まった観があり、観客がちらほら
帰り始めた。
テレビ見ているほうも、消したくなった・・・
我慢して見続けていると、
ベンガルズのQBがサックされ、ファンブルリカバー。
で、TD・・・
もうベンガルズはあきらめムードで、
集中力が殆どなくなっていた。

あんなに前評判がよかったのに、
ベンガルズは連勝は3でストップ。
しかも、反則がかなり目立った試合。
攻守両方とも、山と谷の差が大きかったし、
谷の時間が長すぎた。
ペイトリオッツは試合中弱くなる事も、強くなることもなく、
平均的にプレイをしていたように見えた。
隙を突いたビッグプレイにも恵まれた。
プレイ結果は
トータルラン    NE424-CIN279
3rddown成功率 NE46%-CIN18%

途中で挿入された、
ベンガルズのチアリーダーの姿が色っぽい。
スカートのスリットから除く太ももが眩しいです。
アメリカ人女性の憧れだけあって、
綺麗だし、身体が引き締まってて素敵❤

「スポーツマンらしくない行為」って反則は今年から判定が
厳しくなったらしい。
この反則がフットボール繋がりでサッカーにあったら、
ゴール後に取られまくりだなぁと思った。
あ、わたくしはサッカー嫌いなの。ゴメンネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

Welcome home! SAINTS!

アトランタ ファルコンズ VS ニューオーリンズ セインツ
会場はニューオーリンズスーパードーム。
カトリーナの被害から一年。
やっと修理が終わり、使用できるようになった。
セインツは1年ぶりにホームで試合が出来る。
こういう、話があるとセインツを応援したくなるのが、
人情ってものです。
NFL初心者なんで、贔屓チームがないから、
チームを応援できるのは純粋に嬉しい。
前評判では、ファルコンズのQBマイケル・ビックの
活躍が期待されていた。
さて、幕が開けるとどうなるか?

            ATL                    NO
1st      3FG        -            14/TD/TD
2nd      0          -           6/FG/FG      
3rd     0             -            3/FG
4th     0            -                0
---------------------------------
計        3            -            23

3rddown成功率
   19%   -    33%

セインツ圧勝!
士気が高いの何の。作戦は思ったように決まる。
ディフェンスはビックやダンを走らせない。

特記事項としては、芝を新調したばかりなので、
地面になじんでいなく、すべる選手が続出。
1stQTR2分、ファルコンズは4thダウンのキックで
プレッシャーを与えられキックしようとしたボールを落とす。
そのボール奪い、そのままTDを決めた。
そこから、ずっと流れはセインツに。
3rdQTRでチャレンジルールが成功、FGに繋げる。

ダブルリバースっていうプレイが綺麗に決まったのは
驚いた。
ボールをQBに→ランの後さらに渡す→ランTDっていうの。
本当に圧倒的で、書くことがないわ。
ファルコンズのダン(だった?)が
カトリーナの募金呼びかけて、
試合の前に、メンバーを連れて被災地を回ったんだって。
そういう、ボランティア精神って格好いいよね。
たとえ試合で活躍できなくてもさ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

標高1600mの試合

学校行事で夜眠くて、日記が後手後手になっているけど、
21日放送の
カンザスシティ チーフス 対 デンバー ブロンコス
の試合のリポートと感想。

結果
        kc                den
1st    0            -      0
2nd 3FG    -      0
3rd 3FG   -     3FG
4th   0        -       3FG
延長      -      3FG
-----------------------
計      6       -     9

1stクォーターはチーフスのラリー・ジョンソンがいいランを見せる。
チーフスのQBは移籍選手なのだが、
移籍前は控え中心だったので先発メンバーとしての経験が
極端に少ないらしい。
そこで確実に進めるラン中心で攻める。
しかし、TDできる所でファンブルしたボールを取られ、
攻撃権が移ったりと、点を取れない。
一方、ブロンコスもベテランQBプラマーの調子がおかしく、
パスがめっぽう悪い。3rdダウンがまったく決まらない。
しかも、40ヤードのフィールドゴールをキッカーが外し、
ブロンコスは4thクォーターまでアメフトの女神に見放される。

2ndクォーターでパスを主体に変えたジョンソンが攻め上がり、
何とか、フィールドゴールを決める。

ブロンコスの不運は続く。
3rdクォーターで自陣30ヤードでインターセプトされ、大ピンチ。
TDは免れたものの、FGを決められ、点差が離れる。
その後、なんとかFGを決めると試合の風向きが変わる。

4thクォーターで女神はブロンコスに手を差し伸べた。
利き手にサポーターグローブをはめたプラマーは、
プレイスタイルをフェイクプレイに変え、
ルーキーのベルがランで答える。
TDを決められなかったが、FGを決めて、終了間近に同点。
延長に入る。

流れに乗っているブロンコスは延長も攻め続け、
FGで決勝点を入れた。

今回は珍しく、TDが全く無い試合だった。しかも逆転。

試合会場はブロンコスのホーム、デンバー。
なんと標高1600mですって!
確か、陸上選手の高地トレーニングってそのくらいの
標高でやるんじゃなかったかしら?
気温だって、100m上がるごとに1℃下がるし。
そんな所で1時間も全力でぶつかりあった2チームに拍手。
特にアウェーになってたチーフス。
ブロンコスが強いのは、高地トレーニングの為かもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

史上初、兄弟QB対決

NFL
インディアナポリス コルツ対 ニューヨーク ジャイアンツ
注目はマニング兄弟によるクォーターバック対決。
NFL史上初の出来事だそうです。
次男ペイトン(30歳)、三男イーライ(25歳)
弟の方が顔は良い。

結果は
     IND                           NYG
1st 3 FG              -  0
2nd 13 FG/TD/FG  -  7 TD
3rd 0                        -      7 TD
4th   10   TD/FG        -    7 TD
----------------------------
total 26                   -   21

パスで攻めるコルツにランで攻めるジャイアンツ
ディフェンスも互角。
自分のポジション以外はあまり上手くないのも同様。
勝負はコルツが2ndクォーターの
最後の25秒間で入れたフィールドゴール、
ジャイアンツの反則の多さだった気がする。
ランで時間が掛かるオフェンスなのに、
フォルススタート(動き始めるのが早すぎる反則)で、
総合60ヤードは後退したのよ。
結局、タイムアウトが残っていない状態で
残り17秒、フォルススタート取られ、-10秒で
試合終了。反則に泣いた試合でした。

注目選手はもちろんマニング兄弟。
兄ペイトンは経験豊富でチームをグイグイ引っ張るタイプ。
弟イーライはプロ3年目で実力はまだまだながら、
それをチームメンバーに支えられているタイプ。
そのほかの選手は、ジャイアンツのランニングバック2人。
巨体でディフェンスをなぎ倒して走る、ジェイコブス。
小柄な体(178cm。他の選手190以上)を生かして、
死角を付き、ディフェンスをかわして走る、バーバー。
マニング兄弟って、細いのよね。
他の選手が佐々木健介だとすると、ペナルティーのワッキー位。
サック(ボールを持ったクォーターバックに直接タックルを
かける大技)が多い試合だと体が持たないかもと心配。
それと、ペイトンの股に下がっているふんどしの様な布が
気になって仕方が無かった・・・

今回の試合では最後のジャイアンツの攻撃の時に、
レシーバーがディフェンスを手で遮ったと反則を取られ、
逆転のチャンスを失い、コルツ勝利が確定した。
そのプレーは「反則か?」と言われればうなずくし、
「反則じゃない」と言われてもうなずく状態。
審判が全てなんだけど、
ジャイアンツファンは納得出来ないだろうな。

コルツの課題は、ランでもっと進めるようになることと、
ペイトンのプレイにしっかり着いて行くこと。
ジャイアンツは、プレッシャーやピンチの時に、パスを通す事。
そして、反則を少なくすることかな。

イーライくん(わたくしと同い年)、選手生命は長いんだから、
兄貴を追い抜いて、トッププレーヤーになってね!

次の中継は12日と20日の午前1時、21日の午後7時。
午前はさすがに見られないので、21日に絶対見るわ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

NFL開幕

待ちに待ったNFLが開幕しました。
衛星第一で開幕戦
ピッツバーグ スティーラーズVSマイアミ ドルフィンズ
を鑑賞しました。
手元にメモ用紙をもって試合の様子を書いていました。
結果は
   PIT    MAI
1st  0  -  0 
2nd 14  -  10
3rd  0  -  7
4th 14  -  0
----------
total 28 -  17

スティーラーズが昨年優勝の貫禄勝ち。
ドルフィンズはオフェンスの詰めが甘かった。
ミドル・ロングパスが通らないから、じりじり進むも、
エンドゾーン手前で疲労による隙が出て、
点が取れないシーンがちらほら。
スティーラーズは87ヤードタッチダウンや、インターセプトタッチダウンも
決め、機転が利いた攻撃でした。

注目選手は皆、スティーラーズ。
初ファーストダウンを決めるも、素人ミスをしてしまい、
ヘッドコーチに注意されたルーキー、ホームズ
強力ランニングバックの一人、パーカー
87ヤードタッチダウンを決めた、ミラー
ナイスパスカットのもじゃロンゲ、ポラマル
決勝点のインターセプトタッチダウンを決めた、ポーター
特筆する選手が揃ってるよね。

ドルフィンズのヘッドコーチもチャンスルール
(微妙な判定のプレイをVTR確認してもらう権利)
を頼む赤いハンカチを審判の後ろへ投げて、
気付かれないという失態を犯し、
試合の流れを変えらず、詰め甘し。
これからの試合に期待しましょう。

途中で流れた、売店の様子で、
イギリスパンに大量のフライドポテトと千切りキャベツ、
両面焼きの目玉焼きをはさんだハンバーガーに
驚いたわ。
食べる時は分けてから、千切って食べるんだって。

10日にはMXTVでXリーグ(日本の社会人リーグ)
の試合があるので、見なくちゃ。
NFLは11日にコルツVSジャイアンツだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)